大阪市西区で記帳税務申告・経営力向上計画策定・補助金申請の支援はお任せください!!

金田俊英、税理士事務所(大阪市西区西本町)
【経営革新等認定支援機関】

当事務所は、税務代理や税務相談はもちろん、記帳代行や年末調整などの業務サービスも提供できる税理士事務所で、
これら以外の業務のご依頼も、出来る範囲内でお受け致します。

当事務所にご用件などがある方は、まず、下記の

お問合せフォームから、ご用件をお伝えください

営 業 日
月曜~金曜 (祝日を除く)

間仕切りの除去費用って、どうなるの?

事務所内で使っている間仕切りを取り除いて、新しい間仕切りで区切る時は、その除去費用は、除去した事業年度の損金に算入できまっせ。

事務所がある会社などにおいては、事務所内部のレイアウトを変更するため、今使っている間仕切りを取り除いて、新たに購入した間仕切りで内部を再区画し直す事ってあるかと思います。今回は、そんなケースにおける古い間仕切りの除去費用の税務についてお話しします。

この除去費用について、新たに購入した間仕切りの取得価額に含めるとする考えもあるようだが、実は、この様な場合の除去費用は、取り除いた日の属する事業年度の損金の額に算入する、つまりその事業年度の費用にすればよい。

その理由はこうだ。そもそも、建設等に係る減価償却資産の取得価額は、①その資産の建設等のために要した原材料費、労務費及び経費の額と、②その資産を事業供用するために直接要した費用の額の合計額とされる(法人税法施行令54条1項2号)ところ、間仕切りの除去費用はこれらのいずれにも該当しない。なので、新たに購入した間仕切りの取得価額には含められない。

そして、この様なケースでは、法人税基本通達(以下、「法基通」という)における「取り壊した建物等の帳簿価額の損金算入」の取扱い(法基通7-7-1)を準用する事となるみたいだ。(※)

ちなみに、この通達は、まだ使用に耐えうる建物等を取り壊し、新たにこれに代わる建物等を取得した場合、取り壊した資産の取り壊し直前の帳簿価額は、取り壊した日の属する事業年度の損金の額に算入するという通達であります。

よって、古い間仕切りの除去費用についても、除去した日の属する事業年度の損金の額に算入する事となる。

なお、建物の取り壊しであっても、土地と共に取得した建物等の取壊費用については取扱いが異なる。

つまり、建物付きの土地を取得して直ぐにその建物を取り壊した場合や、取得後おおむね1年以内にその建物の取り壊しに着手するなど、当初からその建物等を取り壊して土地を利用する目的である事が明らかであると認められるときは、例外的に建物の取り壊し時における帳簿価額及び取壊費用の合計額は、その土地の取得価額に算入する事となる(法基通7-3-6)。

なので、オフィス内で使っていた間仕切りを捨てて、新たに買った間仕切りで室内を区切る場合における古い間仕切りの撤去費用は、くれぐれも新しい間仕切りの取得価額には入れずに、撤去した事業年度の経費に入れる様、気をつけなくちゃいけないって事やねん。

お気軽にお問合せください

なお、当事務所では、お問合せフォームより、24時間、お問合せを受け付けております。(基本的に、お問合せ後、24時間以内に、その返信をさせて頂いております。)

お問合せはこちら

肥後橋や大阪市内、そして大阪府下のみならず、近畿圏内の幅広い範囲も対応いたします!!
(なお、訪問年に1~2回で、電話やメールでの質問などの対応OKなら、全国各地、ご依頼をお受けします!!)
【対応可能地域】
大阪市・堺市・能勢町・豊能町・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・門真市・守口市・四條畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・千早赤阪村・富田林市・大阪狭山市・河内長野市といった大阪府下全域のみならず、兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県などのお客様も含め、全国各地どこでも、ご依頼があれば対応いたします。

ご依頼やご相談に関しては、お気軽にお問い合せください!

当事務所へのお問合せはこちら

お問合せフォームから、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。