大阪市西区で記帳税務申告・経営力向上計画策定・補助金申請の支援はお任せください!!

金田俊英、税理士事務所(大阪市西区西本町)
【経営革新等認定支援機関】

当事務所は、税務代理や税務相談はもちろん、記帳代行や年末調整などの業務サービスも提供できる税理士事務所で、
これら以外の業務のご依頼も、出来る範囲内でお受け致します。

当事務所にご用件などがある方は、まず、下記の

お問合せフォームから、ご用件をお伝えください

営 業 日
月曜~金曜 (祝日を除く)
ここ数年、注目を浴びている事実婚について、こんな切り口で、お話しいたします。

事実婚と税制&社会保障制度について

事実婚も法律婚も、客観的な外観上は同じように見えるが、税制や社会保障制度上では両者の取扱いは異なる。

 ここ数年、ドラマなどの影響もあり、法律上の届け出をしていないが婚姻と同等の生活を営む、いわゆる「事実婚」が注目されているようだ。

 しかし、税制や社会保障制度の面では、事実婚のような内縁関係にある男女は法律上の夫婦と区別されるため、異なる取扱いを受ける場合もある。


 そこで、今回は、事実婚に関する税制や社会保障制度について、お話ししていこうと思います。

  • 1
    税制面について

 まず、夫婦を対象にした税制と言って、真っ先に思い浮かぶのが、所得税における配偶者控除、そして相続税における配偶者の税額控除などであるが、これらの適用対象は、民法の規定により効力が生じた婚姻に基づく配偶者をいいます(所基通2-46、相基通19の2-2)。

 また、相続税における小規模宅地の特例も被相続人の親族が取得した宅地でなければ適用できない(措法69条の4第3項)

 以上の様に、事実婚の場合、その相手方はこれらの制度を適用することはできないというデメリットを受けることになる。

 ちなみに、夫婦を対象とした税制ではないが、法人税における同族会社の判定等では、特殊関係者として内縁関係の者も株主等の範囲に含むことになる。

  • 2
    社会保障制度面について

 他方、社会保障制度については、一定の書類等で内縁関係を証明すれば、法律上の夫婦と同様に取り扱われる。これは、厚生年金保険法等で、「配偶者」、「夫」、「妻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にあるものを含むという旨が規定されているからだ(厚生年金保険法3条2項、国民年金法5条7項)。

 例えば、一般企業に勤める事実婚状態の男女のどちらかが専業主婦(夫)になるとする。この場合、引き続き企業に勤務する者(被保険者)が「被扶養者(異動)届」及び「国民年金第3号被保険者該当(種別変更)届」に、内縁関係にある両人の戸籍謄(抄)本や被保険者の世帯全員の住民票(個人番号の記載がないもの)等を添付して事業主に提出すれば、専業主婦(夫)となった者を第3号被保険者とすることができる。なお、第3号被保険者となった者は、国民年金保険料の納付が免除されると同時に健康保険の被扶養者となる。

 

 事実婚の場合には、以上のような取扱いが行われることから、この辺も踏まえて、事実婚にするのか?それとも、法律婚にするのか?について考えることが大事かもしれないと考えられます。

お気軽にお問合せください

なお、当事務所では、お問合せフォームより、24時間、お問合せを受け付けております。(基本的に、お問合せ後、24時間以内に、その返信をさせて頂いております。)

お問合せはこちら

肥後橋や大阪市内、そして大阪府下のみならず、近畿圏内の幅広い範囲も対応いたします!!
(なお、訪問年に1~2回で、電話やメールでの質問などの対応OKなら、全国各地、ご依頼をお受けします!!)
【対応可能地域】
大阪市・堺市・能勢町・豊能町・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・門真市・守口市・四條畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・千早赤阪村・富田林市・大阪狭山市・河内長野市といった大阪府下全域のみならず、兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県などのお客様も含め、全国各地どこでも、ご依頼があれば対応いたします。

ご依頼やご相談に関しては、お気軽にお問い合せください!

当事務所へのお問合せはこちら

お問合せフォームから、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。