大阪市西区で記帳税務申告・経営力向上計画策定・補助金申請の支援はお任せください!!

金田俊英、税理士事務所(大阪市西区西本町)
【経営革新等認定支援機関】

当事務所は、税務代理や税務相談はもちろん、記帳代行や年末調整などの業務サービスも提供できる税理士事務所で、
これら以外の業務のご依頼も、出来る範囲内でお受け致します。

当事務所にご用件などがある方は、まず、下記の

お問合せフォームから、ご用件をお伝えください

営 業 日
月曜~金曜 (祝日を除く)
新元号施行まで、残り1年を切りましたが、
この新元号へのシステム修正に係る費用って、即時費用処理できるの??

元号変更に係るシステム修正費用の処理について

まだ1年あると思うか?、
もうあと1年しかないと思うか?、あなたはどう思いますか?

 今年も5月が過ぎちゃいましたね。ちょっと気が早いですが、あと約1年後の来年4月30日でもって「平成」は幕を閉じ、翌5月1日からは新たな元号が施行されます。

 そんな訳で、これに伴いシステム修正を迫られる法人なども少なくないとみられるが、このような場合のシステム修正に係る費用は税務上「修繕費」となるのか?それとも「資本的支出」となるのか?

 どちらになるのか?悩ましいところなので、今回は、このシステム修正費用の税務上の処理についてお話いたします。

 まず、システム修正費用について「修繕費か資本的支出か」が問題になった大きな出来事の1つに、「コンピュータの西暦2000年問題」が挙げられる。これは当時、年号を西暦の下二桁で管理していた一部のコンピュータにおいて、2000年代を迎えた際に、「00」と入力すると1900年なのか2000年なのか区別できなくなるとされた問題で、年号管理を二桁から四桁へ修正するといった機能上の障害を除去するための費用はどのように扱われるのかが注目を集めました。

 この2000年問題の対応の際、国税庁は、次の条件を全て満たすのであれば、そのシステム修正のために支出した費用は「修繕費」とする取扱いを決定したそうだ。

 ① 修正の内容が、システムの効用を維持するために行うものであること。

 ② その修正の実態が、資産に対する修繕と認められるものであること。

 ③ その修正内容について、それ以外の機能の付加を行うものでないことが明確     である。

 今回の元号変更に伴うシステム修正費用についても、必要に迫られた修正であること等も併せて考えれば、2000年問題対応費用や過去の消費税引上げに伴い要した修正費用等のケースと同様に、現状の機能と価値の維持のための修正であるか否かで、「修繕費」か「資本的支出」かを判断することとなるようだ。

 つまり、元号変更によってシステムそのものが使用不能となるのを防ぐために要した費用は「修繕費」として認められる。ただし、新たな機能の追加や修正により機能が大幅に向上する等した場合には、「資本的支出」となる(法基通7-8-6の2)。

お気軽にお問合せください

なお、当事務所では、お問合せフォームより、24時間、お問合せを受け付けております。(基本的に、お問合せ後、24時間以内に、その返信をさせて頂いております。)

お問合せはこちら

肥後橋や大阪市内、そして大阪府下のみならず、近畿圏内の幅広い範囲も対応いたします!!
(なお、訪問年に1~2回で、電話やメールでの質問などの対応OKなら、全国各地、ご依頼をお受けします!!)
【対応可能地域】
大阪市・堺市・能勢町・豊能町・池田市・箕面市・豊中市・茨木市・高槻市・島本町・吹田市・摂津市・枚方市・交野市・寝屋川市・門真市・守口市・四條畷市・大東市・東大阪市・八尾市・柏原市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・千早赤阪村・富田林市・大阪狭山市・河内長野市といった大阪府下全域のみならず、兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県などのお客様も含め、全国各地どこでも、ご依頼があれば対応いたします。

ご依頼やご相談に関しては、お気軽にお問い合せください!

当事務所へのお問合せはこちら

お問合せフォームから、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。